腸内細菌のバランスを取る|美しさの源エストロゲンを増やすには|サプリが肝です
婦人

美しさの源エストロゲンを増やすには|サプリが肝です

腸内細菌のバランスを取る

お腹

乳酸菌を積極的に摂ること

腸内フローラというのは、腸内にある細菌が集まった状態がお花畑のように見えることです。腸内には、色々な種類の細菌が存在し理想的な腸内フローラの状態というのが善玉菌が20パーセント、日和見菌が70パーセント、悪玉菌が10パーセントの状態の時になります。腸内には、免疫細胞が多く存在するので腸内フローラを理想の状態で保つことで免疫力があがり健康維持が出来るようになります。そのためには、乳酸菌を積極的に摂るようにすると良いと言われています。乳酸菌を日頃から常にきちんと摂取することが出来れば、善玉菌の方を増やして悪玉菌の方を減らしちょうど良いバランスを保つことが出来ます。そして腸内環境を向上させて健康になります。

体調や美容に影響が出る

腸内フローラの状態が悪くなると、体調や美容に様々な影響が出ます。体調に関しては、便秘や下痢を繰り返すなどといった腸内環境の悪化や腹痛が起きることが多いです。美容面では、ハリやツヤが失われて肌トラブルが多くなるなど老化現象が起きることがあります。規則正しい食生活を送っていても、年齢を重ねると腸内フローラは老化によって乱れやすくストレスなども要因となってアンバランスな腸内環境になることがあります。そのため、食事を規則正しいものに変えることも大事ですが更に乳酸菌も摂取できる環境を作ると良いです。ヨーグルトやチーズなどといった乳製品に多く含まれていますが、必要に応じて健康食品を取り入れるのも良いでしょう。